About Us -J2TS-

私たちは、Flypowerの日本総代理店、J2TS(Jalan-Jalan Trading Sports)です。2020年10月、3人で始動したまだまだ小さな活動ですが、途上国と一緒に世の中に新しい価値を提供していきたいとの想い、そしてそのプロセスへの好奇心から日々活動しています。

途上国と新しい価値を作る

「途上国」という言葉自体、国の発展状況で上下を判断している意味合いを感じあまり好きではないのですが、わかりやすい言葉として用いています。

J2TSの共同代表である私は、学生時代にインドネシアのサンバスというカリマンタン島の片田舎に二ヶ月ほど滞在しており、そこでの原体験が「途上国と新しい価値を作る」というビジョンを見させてくれています。

同じ大学に留学していた20歳年上のMuriadiさんという方。1年間の日本での留学でしたが、ひょんなことから一緒にバドミントンをすることになって、インドネシアへ彼が帰国する際に「私の地元に遊びにこないか」と誘われて「Yes」と言ったのがすべての始まりです。

当時は20歳でした。自分の世界を広げたいと思っていたし、聞いたことのない場所だけれど、Muriadiさんが信頼できる人だと感じだのが何よりの決め手で、単身サンバスを訪問しました。

水道は引かれていない、お風呂とトイレは雨水で、洋式のトイレもない、毎日の停電、移動はバイクの二人乗り(時には子供と三人乗り)、バドミントンコートはコンクリート。生活が全く日本のそれとは違っていました。

でも、すごく楽しかった。それがすべてで、ホームシックにもならなかったです。言語もろくにできませんでしたが、地元の中学生と一緒に練習をして、毎日遊びに連れ出してくれたこと、軍人さんが「お前明日暇だろ」といって突然200km離れる隣町に小さなスクーター二人乗りで行ったこと。

flypower sambas

(写真:サンバスの少年たちとバドミントンを通じた交流)

怪しい宝石のついた指輪をたくさんくれるおじさんや、風邪をひいたら隣町の大会会場から試合を中断して家まで送ってくれたトラック運転手のおじさん。

サンバスの一員として本当に受け入れられた、人間の優しさを感じた二ヶ月間で、そして前向きになる元気ももらいました。

途上国を助けたい、支援したいという想いではなくて、私は彼らに勇気付けられた側で、人たらしの彼らからずっと元気をもらいたいという自分よがりの気持ちで、「途上国と新しい価値を作る」という想いを据えて活動しています。

まずは、その第一歩として、Flypowerの総代理店の活動を始めています。

Flypowerはインドネシアの伝統を大切にし、インドネシアに根付いているバドミントンメーカー。ラケットやウェア、シューズ、どれをとっても「インドネシアっぽい」デザインが強調されています。

手にとって、使ってもらえればインドネシアを身近に感じる商品を私たちは届けます。

Jalan-Jalanは「散歩」という意味。人生の終着点はどうも謎ですが、ニヒリズムに浸っている自分ももどかしい。いっそ散歩のように目的もなく歩いてみれば、その道の景色を、到着地点までのプロセスを楽しめるかもしれない

途中で目的地を思いついたり、目的地からまた意味もなく散歩をしてみたり。「散歩」をしょうと歩き出したJalan-Jalan Trading Sports、J2TSです。行先をどうぞ見守ってください。

(写真:滞在したサンバスの家までの道のり)